ゼロ円キッチン映画会を宇大生が卒論発表

 

昨年6月フォーラム主催で社会的課題である食品ロスにスポットをあてたドキュメンタリー映画「ゼロ円キッチン」の映画会とワークショップを開催しました。1月16日(水)、この企画をした宇都宮大学国際学部学生の一人が、その活動成果を卒論発表しました。タイトルは「消費段階での食品ロスの発生要因と対策―消費者心理に着目して」で、興味深い内容でした。食品ロス削減に大きな影響を与える消費者行動に着目し、消費者の心理的要因を鋭く分析していました。映画会とワークショップを通じて得られた市民の心理を分析し、削減可能性を提起しました。フォーラムがこのようなSDGsにつながる社会的課題の解決に関わりがもてたのは良いことだと考えます。

 

 ↑ 発表する松本さん

 

宇都宮市環境学習センター