里山保全11月定例会報告です

 

11月18日(日)定例の里山保全活動を行いました。このところ良い天気が続いており、今日もお天気ですがちょっと寒い感じで秋が深まってきました。

 

今月末に開催するこども達の自然観察会に向けて、安全確保の観点から笹刈りと倒木の整理を行いました。いつも感じるのですが、刈っても刈っても生えてくる笹の生命力には驚きます。いくつかの倒木があり、安全のため整理しました。圧巻は写真にある8m位はありそうな立ち枯れした木の処分です。根元にノコギリで切れ目をいれながら、ロープで引っ張り倒すもので、倒れたときの迫力は相当なものでした。倒された木はカサカサの状態で、いつ倒れてもおかしくない感じでした。

 

宇都宮市環境学習センター