再エネ部会地球温暖化の実験実施

 

10月9日(火)再エネ部会担当者が地球温暖化の実験を環境学習センターで行いました。これは来年度から、再エネ部会として小学生向けの「再生可能エネルギー」出前講座に着手しよう準備しているもので、その中で二酸化炭素が増えると空気が冷えにくくなるのを実験で試し体験するものです。実験の結果、二酸化炭素が増えることで、約1℃冷えにくくなることが確認できました。これなら出前講座の中で使えると判断し、プログラム作成を継続していくことを確認しました。

 

宇都宮市環境学習センター