生物多様性保全部会、燃えた!「親子で楽しく自然体験」

 

  8月21日(火)人気の「親子で楽しく自然体験」を環境学習センター東側林地で実施しました。今年も宇都宮共和大学の全面支援で、17家族46名の参加を得て、暑い中、燃える2時間を体験しました。アイスブレイクに「この木なんの木素敵な木」で木探し。次は虫捕り、バッタやキリギリスを捕まえて観察ケースへ、親子でもう~虫捕りに夢中です。捕まえた虫は、地面に大きく広げた生きものピラミッドシートに並べていきます。この虫は何を食べる? この虫は何に食べられる? と配置して、みんなで生物多様性の大切さ生きものつながりを学びました。協力してくれた虫たちには、感謝をしてみんなで林に戻しました。第2部は、自然の鉱物(ベンガラ)を使った、環境にやさしいトートバックの泥染めを行いました。子どもたちはマイバックに大喜びでした。

 

宇都宮市環境学習センター