プチ農業体験プロジェクト30年度第2回目を開催

 

6月24日(日)、30年度「みんなの野菜畑2108」の第2回目を開催しました。3月末に植えたジャガイモは花を咲かせ収穫期を知らせてくれています。親子でジャガイモ掘りです。まず、茎をゆっくりと引き抜くといくつもジャガイモがついてきました。まだ、土の中に残っているジャガイモを掘り出すのは子どもたちの役割です。インカのめざめ、レッドムーンなど5種類のジャガイモが、約1時間でコンテナ5個分も採れました。休憩後、近くの田んぼに行ってオタマジャクシの観察です。塩山先生から、「生きものもごはんも田んぼのめぐみ」と題したお話しがあり、ごはん1杯分の田んぼでオタマジャクシ35匹が育つということを学びました。(写真手前は、収穫したジャガイモを家族の分だけ山にしています)

 

宇都宮市環境学習センター