里山保全6月定例会報告です

 

6月17日(日)定例の里山保全活動を行いました。くもり空でややひんやりとする林の中でした。今回はため池の大整備です。古い池は、作ってから約10年が経過し、すっかりビオトープが実現しています。ため池の水を汲みだし、少し池を広げてビニールシートを張り替えました。この作業のなかでカエル6匹、ヤゴ4匹を確認することができました。また倒木を利用して、新しく2mx2mの新しい池もつくりました。これで、里山の林のなかには3つの池ができました。カエルたちの住みかになるでしょう。

 

宇都宮市環境学習センター