里山保全4月定例会報告です

 

4月15日(日)定例の里山保全活動を行いました。あいにくの雨模様のなかでの作業となりました。参加人数が少なかったため、立ち枯れたアカマツの太い危険な木を切り倒す作業を行いました。切り倒す方向を決め、滑車をつけロープで引っ張りました。(写真は、木に滑車を取り付ける作業) 切り倒したアカマツは、玉切りにして落ち葉の集積場所の囲いに活用しました。

 

宇都宮市環境学習センター