生物多様性保全部会最初の行事報告です

8月11日(金:山の日)環境学習センターで、生物多様性保全部会の今年度最初の行事「親子で楽しく自然体験」を開催しました。あいにくの天候だったため安全を考え、室内での実施となりましたが、15家族50人の参加があり、宇都宮共和大学の学生の指導で、とても楽しいプログラムが展開されました。写真は生きものつながりピラミッドで、動植物の関係そして人のかかわりを学びました。指導員のカブトムシは何を食べますか?の質問に子どもから「ゼリー!!」の回答、親たちは大爆笑です。飽きることのないプログラムの進行にあっという間の2時間でした。

宇都宮市環境学習センター