里山保全9月定例会の報告です

9月20日(日)定例の里山保全活動を行いました。この日の作業は、10月に予定している地元瑞穂台小学校の里山体験に備えて、たき火の燃えカスの整理や観察通路を確保するための雑草の刈り取りを行いました。また、倒れ掛かったエゴノキを切り倒して玉切りにし、丸太切りの材料としました。秋を感じさせる季節のなか、気持ちの良い汗をかきました。

宇都宮市環境学習センター